b||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://hapila.jp/fracture-of-the-ankle','bfgHp_XldL',true,false,'pG-w45M7uR8'); 足を捻って「捻挫」で済む人もいれば、最悪にも「骨折」をしていたというケースがあるのはなぜでしょうか? なお、骨折をした場所やケガの度合いによって完治までの期間は異なるので、一概には言えません。. 足を骨折したら辛いリハビリが待っている事が多いですが、実際通常通り歩くようになるまでのどの位かかるんでしょうか?具体的な期間まとめています!その他にも「特に足首の骨折が大変!?」「子供は早く歩けるようになるってマジ?」「高齢者はどうなの? あまり聞き慣れない言葉ですが、剥離骨折とは、「剥離」という言葉通り、何らかの原因で骨が欠けて、本来あるべき箇所から剥がれた状態のことを示します。 通常の骨折のような激しい痛みに比べると痛みも少ないため、すぐには病院に行かず「いつまでたっても痛みが引かない」といった症状で、ある程度時間が経過して受診し、剥離骨折だと判明するケースも多々あります。 ただ、あまり冷やしすぎると凍傷になりますので、気を付けましょう。, 治療法により、リハビリに必要な期間が変わってきます。 しかし、なかなか痛みや腫れが引かないため、病院でレントゲンをとったら『骨折』をしていたというケースもちらほらあると聞きました。 つまり、けがの度合いによって歩けそうであっても歩かないほうがいいとされています。 もともと「ケガ」というのは、身体が耐えきれる以上の力がかかると生じます。 剥離骨折の症状、原因、診断・治療方法についてご紹介します。整形外科、外科に関連する剥離骨折の治療なら病院・クリニック検索のホスピタにお任せ下さい。剥離骨折の診察ができるおすすめの病院をご紹介できるのは「いまから」機能搭載のホスピタ【hospita】! 足関節の捻挫は子どもさんから大人の方まで良く見られる疾患ですが、実は、捻挫だと思っていて、レントゲンを撮ってみると骨折であるというケースがよくあります。その骨折は、外くるぶしのところの骨である腓骨の遠位部(端の方)で起こります。 スポンサーリンク. 万が一、炎症があると、関節の動きが悪くなったり、痛みを感じたりするので、アイシングなどの処置をして炎症を抑えます。 つまり、保存療法では、最短で3ヶ月、長くても半年で完治するということになります。, 出来る限り早く可動域訓練機関に移れるよう手術を計画する段階から考えられています。 足首の剥離骨折は、転んだり、足を強くひねったりした場合に起こります。 靭帯などの付着部との剥離が軽い場合は、重い捻挫と似た症状です。 この場合、ギプス固定の治療を始めてから約3週間から6週間で骨がくっついてきます。 ・足の小指が骨折した症状!全治何ヶ月で治療できる? ・骨折を早く治す方法は?食べ物や治療方法を紹介! ・疲労骨折の症状とは?治療方法や予防方法も紹介! ・手首の骨折は手術が必要?治療方法や原 … 完治までは、2~3ヶ月ほどといえますが、骨折をした場所やケガの度合いによって異なります。, 骨折の中でもよくある「くるぶし」の骨折は、時々「捻挫」と間違いやすいようです。 剥離骨折と診断された日:関節を固定. 骨折治療をまとめた記録です。左足首腓骨骨折と一言で言っても、症状や医師の治療方針によって治療内容や支払い費用が変わると思いますので、あくまで当方の場合は・・・… こんにちは、ペコちゃんです。 先日息子が剥離骨折をしたことをお話したのですが、今日はその後のことを諸々お伝えします! ギプスがはずれて. 丁寧な超音波検査で、剥離骨折(小さな骨折)が見つかりました。 しかし「もう2ヶ月たっているから、今さら何もできることはない」と。 受傷後すぐ固定すれば、もしかしたら剥離骨折した部分がくっついたかもしれない、とのこと。 (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d, 2017/8/15 剥離骨折のその後とリハビリ 2017年5月28日. 実は、このような足関節骨折というのは、よくある骨折の一つのようで、いわゆる『くるぶし』を骨折してしまったことになります。 そして、早く元の生活に戻りたいという気持ちが先走り、リハビリが十分でないまま普段の生活に戻ってしまうと関節が変形し、激痛が生じるという『変形関節症』を引き起こすこともあるようです。 そして、身体のどこかが耐え切れず破綻してしまうのですが、もしそれが靭帯であれば「捻挫」になりますし、骨であれば「骨折」となるということです。 (function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. 子供を持つパパ・ママの足首の骨折に関するお悩み相談についての質問一覧(人気の質問順)ページです。親子の悩みを解決するなら「子育て相談 byいこーよ」にお任せ下さい。子育て中の様々な悩みや疑問、質問が満載です。 こんにちは、かじです。 今回は前回に続いて足首骨折についてお話しします。今回焦点を当てるのは骨折後の治療について。骨折してからの応急処置や診断はきちんとしたがその後はどうしたらよいのか分かりませんよね。 約一ヶ月ギプス(シーネ) をつけていました。 その間もちろん体育の授業は見学しました。 また、完治までの期間は、治療法によって異なり、保存療法の場合は3~6ケ月、手術療法の場合は、2~3ヶ月くらいになるでしょう。 ある程度骨がくっついて来たら、ギブス等を外し、長期間にわたり固定されていたがために衰えてしまった関節・筋肉を回復させることを目標にリハビリを開始します。 今回は、くるぶしを骨折してしまった場合、歩けるのか、また完治するまでの期間はどれくらいなのかを解説します。, 冒頭で、捻挫だと思っていたケガが実は、骨折だったというお話をしました。 つまり、患部に違和感があれば、早めに病院に行き、レントゲンをとってもらうことが重要なのです。, では、くるぶしを骨折してしまったときの症状はどのようなものなのでしょうか? 骨折によって骨がずれてしまった場合は、元の位置に戻るように、そして、足首を動かしても骨が再びズレないようにネジ又はボルト等で固定するための手術をします。 では、それぞれの治療法に伴うリハビリ期間と完治までの道のりをみていきましょう。, 約4週間から1ヶ月半で足首の骨折が固定されるといわれています。 …, 首は頚椎(けいつい)と呼ばれ、頭部と胴体を支える大切な役割を担っています。頚椎はその構造や位置関係から外部からのストレスにさらされる機会が少…, 頸椎矯正と称して首をポキポキいわせる施術を受けた経験はおありでしょうか?かつて民間療法士ブームでカイロ、整体などでよく流行ったことがあります…, ただ歩いているだけなのに、数日前から脛(すね)に痛みを感じるようになったとか、走っていると決まって脛が痛むという症状に悩まされている方がいま…, 童話に出てくるような小さくてかわいらしい小人のような人たち、映画や舞台などで活躍されている人も多くいます。それらの人たちは、小人症という疾患…, 関節は小さいながらも継続的な負担がかかると炎症を起こしてしまうことがあります。その代表的な症状の1つに滑液包炎があります。 "),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 足首骨折してしまったときに、 まず気になるのは、 どのくらい治るまでかかるのか? それも、まずは「歩けるまでどのくらいかかるのか?」 つまり、治療期間、全治までの期間 ということですよね。 ただ … 骨折は、予告もなく訪れてしまうものです。予期された骨折は、なかなかありませんよね。 しかし、突然骨折してしまったら、骨折後にどのようなルートを辿って治療が終了し、そして治すまでの費用はいくらぐらいかかるのかは知っておきたいものです。 足首は3つの骨から構成されているため、骨折の種類も多いといいます。 従って、ギブス等での固定は2週間から1ヶ月ほどの短期間で済み、リハビリの期間も保存療法より早く終わります。 『くるぶし』といえば、全体重を支える重要な部位と言っても過言ではありませんよね。 浮き指は立…. 患部が固定されてしまうと関節を曲げることはもちろん、体重をかけて歩くことが出来ないため、松葉杖が必要になるのですが、ここで無理して歩いたり、動いてしまうと治りが悪くなります。確かに普段の生活に比べ、できないことも増えて動けないストレスを感じることもあるでしょうが、とにかくこの期間は、少しでも回復を早めるために関節を曲げたり、歩いたりすることはせずに我慢しましょう。 X線検査によって、剥離骨折した骨片を 確認できない場合は、 CT検査をすれば診断が可能です。 剥離骨折の全治までの期間. 足首は3つの骨から構成されているため、骨折の種類も多いといいます。 ちなみに医学的には、足首の骨折だけでも数十種類にも分けられるそうですが、今回は、スポーツ選手などで最も多い2つの足首骨折について解説しますね。 外果骨折 内果骨折. まずレントゲンで、 剥離骨折という診断を言われますね。 これは「裂離骨折」だったり、 「骨が剥がれています」だったり、 医師によって言い方は異なるかもしれません。 そこで、全治に向け、 基本はこの剥離骨折を ただ、医師がケガの症状をみて、それが「捻挫」なのか「骨折」なのか判断をするのは難しいそうです。 骨・関節・筋肉の不調, スポーツをしている人でなくても、ちょっとした段差でつまずいたり、思わぬ転倒などが原因で、足首や足関節を骨折してしまうことがあります。, 特に、くるぶし部分は、脚で最も骨折しやすい場所でもあり、骨折場所によっては、治療に長期間かかる場合もあります。, また、足首の関節は、強靭な靭帯で「脛(すね)」と「踵(かかと)」に結ばれており、骨折によって靭帯にも損傷が及ぶと、あとで痛みが残るなどの症状が出てくる可能性もあるので、治療の際には十分に注意しなければなりません。, 私たちが日常生活で、当たり前のようにしている「歩く」という動作に支障が出るのは、想像以上に辛いものです。そこで、足首の骨折に関する症状や治療について、ご紹介いたします!, 足首の骨折はどのくらいの期間で歩けるまでに回復するのか、競技復帰までにかかる時間や早く治療を済ませるために有効な治療促進方法について紹介していきます。, 足首の関節は、腓骨(ひこつ)・脛骨(けいこつ)という脛(すね)を形成している2つの骨と、踵の上方にある距骨(きょこつ)という3つの骨で構成されるとても複雑な関節です。ですので、骨折の種類も非常に多くなってきます。, ここでは、足首を捻ったり、強い衝撃を受けるなど、日常生活の中でも骨折する場合の多い、足首の「くるぶし」(=足関節果部)の骨折について、見ていきましょう。, 「外果骨折」とは、外くるぶしの骨折のことを言います。足のすねの部分は2本の骨で構成されています。すねから足首に繋がっている太い脛骨と膝からくるぶしに繋がっている腓骨です。, 外くるぶしは、「腓骨(ひこつ)」という非常に細い骨でできており、足首がグラグラと外れないよう、安定させる重要な役割を担っているのです。, 足首を内側に強く捻ると、外くるぶしは距骨に引かれて剥離骨折となりますし、事故などの大きな衝撃が加わると、骨が斜めに折れ、変形にもつながる斜骨折となります。, 「内果骨折」とは、内くるぶしの骨折のことを言います。内くるぶしは、「脛骨」という体重の大半を支える骨でできており、外くるぶし同様、足首を安定させる役割を持っています。, 足首が外側に曲がった状態で捻ったり、大きな負荷がかかると、内くるぶしが引っ張られ、剥離骨折を起こします。また、外果・内果どちらか一方だけではなく、両方骨折する場合もあり、それを「両果骨折」と呼びます。, 「三果骨折」とは、外果・内果骨折と同時に、脛骨の前縁・後縁のいずれかも折れてしまった骨折のことを言います。, つま先が上を向いた状態(背屈)で負荷がかかり、脛骨前縁が骨折すると、『距骨の前方不全脱臼』も起こり、逆に、つま先が下を向いた状態(底屈)で負荷がかかることによって、脛骨後縁が骨折すると『距骨の後方不全脱臼』が起こります。, ケガをしたときにかかる力の大きさや方向、足首の動きによって、「骨折になるか、捻挫になるか」が分かれます。専門家の目から見ても、どのような動き(ケガの仕方)だと骨折になるなどといった判断をするのは困難だと言われています。, 身体が耐えられない力がかかったときに、損傷したのが靭帯であれば捻挫、骨ならば骨折になるのです。では、骨折してしまった場合、どのような症状が起こるのか、見ていきましょう。, 骨折すると、折れた骨が周囲の組織を傷つけたり、強い衝撃を受けたときに、周りの筋肉組織などを損傷するため、内出血を引き起こします。, 骨折から数字間後が内出血のピークと言われ、大量の出血によって細胞が圧迫された状態になります。骨折の度合いや、受けた衝撃が大きいほど、出血量も多くなり、黒っぽい出血斑みまる場合もあります。, しかし、目に見えないところで内出血を起こす場合もあるので、注意が必要です。外からは確認できない骨内部(髄液)から出血すると、冷や汗や吐き気などの出血性ショックを引き起こします。このような症状が出た場合は、すぐに病院へ行きましょう。, 内出血については、内出血の治し方5選!正しい処置で早く治すようにしよう!を参考にしてください。, 捻挫の場合も、腫れることはありますが、徐々に腫れは引いていきます。骨折の場合は、ケガをした数時間後から、内出血や炎症によって骨折部周辺が腫れ始め、冷やしたり温めたりしても腫れは引きません。, また、くるぶし部分が突き出しているなどの骨の変形や、異常な角度に向いているなどの症状が見られる場合は、ほぼ骨折していると言えるでしょう。変形が見られる場合は、痛みも強く、患部がみるみる腫れていきます。, 骨自体には神経はありませんが、骨の表面に、神経が集中している骨膜があるので、骨折によってこの骨膜が破壊されると、軽く押すだけでも、患部に激痛が走ります。, 痛みや腫れが発生しているのに我慢して歩行などを続けていると、骨のズレが大きくなったりかけたり折れて変形した骨の尖った部分や破片などが靭帯を傷つけてしまうなどの問題が重なって発生して、症状がひどくなります。, なので大きく足を引い捻ったり捻挫などが発生してしまった場合は、無理に動かずに人を呼んで動かしてもらったほうが良いでしょう。, 人が呼べない環境であれば、安全な場所まで這うなどして、出来るだけひねった足を使わないようにして移動して、痛みが軽減するまで安静にして可能であれば冷やすなどして対処していきましょう。, 足が激しく痛む、日を重ねても痛みが軽減しないなどの問題が発生している場合、その痛みは捻挫などではなく骨折かもしれません。, 骨折しているかどうかは痛みや腫れの症状だけでは自己診断だけでは判明することは難しいでしょう。靭帯が激しく損傷している場合にも、痛みは強く発生しますのでしっかり検査をして骨折しているかどうかを判断する必要があります。, 痛みが発生している位置から角度を変えて2枚〜3枚のレントゲン写真を取っていくことになります。特に足首の足骨は骨折していても、欠けると言う表現が適切な形で折れている事になりますので、腕の骨が折れたなどにようにわかりやすく曲がったり変形している訳ではないのでレントゲンでの検査が必須でしょう。, 具体的にどのように折れているかどうかの確認のためにもレントゲン検査は必須項目になります。, 1週間〜10日以上放置してしまうと、骨は自然に癒着をはじめてしまうので、おかしな形状で骨がつながってしまって運動障害などが発生する事があります。, 骨が折れたなどの怪我の場合には整形外科に行くと良いでしょう。顔などの骨折の場合には形成外科などの科の方が適しているので、怪我をした場所によって専門の病院を選択して受信すると良いでしょう。, ただ単にとりあえずレントゲンでの検査を受けるだけであれば、設備の整っている内科などを受診しても検査だけは受けることが出来ます。, その後専門病院などを紹介してもらうなどの対応になるので費用は若干多くかかってしまいますが、なかなか遠くて専門の病院に行けない場合にはこれらの方法で検査を受けるといいでしょう。, 私たちが耳にする「全治○ヶ月」というのは、専門医による診断・治療が必要な期間のことを示しており、ケガをする前と同じくらいに快復できるまでの期間を「完治」と呼びます。, 足首の骨折の場合、ケガの度合いや、その人の生活習慣、環境などによって異なりますが、骨折が完治するまで約6ヶ月、完全に痛みがとれるまでだと、約1年かかる人もいます。, ここでは、足首を骨折したときの治療法と、リハビリ期間や注意点についてご紹介いたします。, 治療法には、大きく分けて2種類あります。それぞれの治療法について紹介していきます。, 固定させるため、関節を曲げたり、体重をかけて歩くことはできないので、松葉杖を使って生活することになります。この期間に無理をして歩いたり動こうとすると、治りも悪くなるので、「ひたすら我慢」が回復への一番の近道です。, ギブス等で固定させて治療するときは、関節を動かせないので、血行が悪くなり、むくみやすくなります。眠るときには、枕やクッションで高さを出し、心臓より高くして眠るなどのむくみ対策も必要でしょう。, また、ギブスで覆っている場所がかぶれる場合もあるので、低刺激のローションなどで、かゆみを緩和させてあげるのも良いかもしれません。かゆみやかぶれ等の症状がひどい場合は、担当医に相談してみましょう。, こういった保存療法は、時間がかかり長期間足首を固定させるので、ギブスを外してからも、関節が動かしにくくなったり、骨が弱くなってしまう場合もあります。, どのような骨折をしたのかによっても異なりますが、足首の骨折の場合、手術療法になることが多くなります。骨折によりズレてしまった骨を元の位置に戻し、足首を動かしても再び骨がズレないよう、ネジやボルトで固定する手術をします。, さらに、ある程度まで固定されてきたら、はめたネジやボルトを抜く手術が必要になりますが。しかし最近では、チタン製のボルトを使用することが多いので、このような手術が必要ないケースもあります。, また、手術療法で最も注意しなければならないのが、術後の炎症管理です。炎症があると、痛みが生じたり、関節の動きが悪くなるので、アイシングなどの処置で、炎症を抑える方法も効果的です。その場合、足首の血管は細く、冷やしすぎると凍傷になることがあるので、気をつけましょう。炎症管理に関しても、担当医の指示を仰ぐのが安心です。, 保存療法と、手術療法で、リハビリに要する期間も変わってきます。また、リハビリが十分でないのに普段の生活に戻ると、関節が変形して、激痛が生じる「変形関節症」という症状を引き起こすことがあります。そうならないためにも、根気よく、しっかりとリハビリしていかなければなりません。, 足首の骨折では、約4週間~1ヶ月半ほど固定し、ある程度まで骨がくっついてきたら、ギブスを外し、リハビリを始めます。, ここでいうリハビリとは、足首の骨を強くするためのものではなく、治療過程で、長期間固定されたために衰えてしまった関節や筋肉の機能を回復することが目的です。, 最初の1~2ヶ月は、可動域訓練期間といい、関節の可動範囲を大きくしていきます。その後、リハビリの仕上げとて、足首に体重をかけても良いように、さらに1~2ヶ月かけて、不可訓練をして少しずつ慣らしていきます。, 手術を計画する段階から、できるだけ早く可動域訓練期間に移れるよう考えられて手術を行います。よって、ギブスによる固定は、0.5~1ヶ月と短期間で済み、可動域訓練や不可訓練もギブスに比べて早く終わります。, 完治までの道のりは、約2~3ヶ月と言えるでしょう。しかし、何度も言うようですが、骨折した骨の場所や、ケガの度合いによってことなるので、一概には言えません。, 私たちの日常生活の中には、つまずいたり転んだりしやすい場所が、意外とたくさんあります。せっかく良くなってきたのに、また骨折してしまった…なんてことにならいよう、生活環境を整理整頓しておくことが大切です。, また、リハビリ中は、骨折前の健康な状態に比べて、足が動かしにくく、普段ならつまずかない場所でつまずくこともありますので、十分に気をつけましょう。, になります。おすすめの食材としては牛すじ、魚介類、乳製品、エビなどの甲殻類、柑橘系、果物などがビタミンや良質なタンパク質、カルシウムなどを豊富に含んでいるので、バランスよく摂取すると強い骨の生成に貢献してくれます。, 治療方法では紹介しませんでしたが、治療音波治療というスポーツ選手に特におすすめな治療方法があります。, これは特に足首を骨折しやすいプロのサッカー選手などがよく使用している治療方法で、超音波を使って治療することで2倍近いスピードで完治を目指せるという治療方法になります。, しかしこの治療方法は一般的には自由治療となっており、保険が適用されない治療法になります。ですので、10割負担での治療となります。, しかし、もし骨折の治療が長引いている場合にはこの治療が医師の判断で使用される事があります。この場合には保険適用での治療として超音波治療が受けられます。, 足をなるべく使用しないようにして、傷を広げないようにしましょう。まだ骨折かどうかが判明していない段階でも無理に動いてしまうと靭帯などを大きく損傷してしまい、それが原因で難治化の骨折に繋がってしまいます。, たかが捻挫と思わず、特に捻挫などのお絞りを絞る形でも力の入り方には弱くなっています。ですので、怪我をしてから痛みが完全に治るまでは可能な限り動かさないことが治療を早く済ませるためには最も重要で有効な手段になります。, また、安静時には飲酒喫煙などのビタミンなどを代謝して吸収率を低下させる行動は避けましょう。, いかがでしたでしょうか?読んでいるだけでも、痛そうで顔をしかめたくなる、足首の骨折。骨折してしまったら、安静にして回復するのを待つのが一番ですが、日頃からケガを予防する努力も大切ですね。, 健康的な食事を摂って、適度な運動やストレッチで、適度に筋肉を動かす習慣をつけるなど、予防策もいろいろありそうです。, 意外と知られていない骨盤矯正のメリット。普段から姿勢が悪い方やスタイルに自信がない方は骨盤を矯正することによって悩みが解消できる可能性がある…, 関節の節々がやたらと痛いことはないでしょうか?こういった時は関節炎を疑いましょう。関節炎と言っても、発症する原因は様々であり、病態によっては…, ある日突然、指を曲げた状態のまま伸ばすことが出来なくなった、また無理やり伸ばそうとする時に激しい痛みを伴う経験をしたことはありますか? 2017/8/16 警察 聞き込み 偽物, デイリーズトータルワン 遠近両用 最安値, 長野県 トレセン U 10, プロキオンステークス 2020 出走予定, コンビニスイーツ 低カロリー ランキング, 心が叫びたがってるんだ 実写 動画, ロシア 汚染 都市, カップラーメン カロリー 低い, " /> b||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://hapila.jp/fracture-of-the-ankle','bfgHp_XldL',true,false,'pG-w45M7uR8'); 足を捻って「捻挫」で済む人もいれば、最悪にも「骨折」をしていたというケースがあるのはなぜでしょうか? なお、骨折をした場所やケガの度合いによって完治までの期間は異なるので、一概には言えません。. 足を骨折したら辛いリハビリが待っている事が多いですが、実際通常通り歩くようになるまでのどの位かかるんでしょうか?具体的な期間まとめています!その他にも「特に足首の骨折が大変!?」「子供は早く歩けるようになるってマジ?」「高齢者はどうなの? あまり聞き慣れない言葉ですが、剥離骨折とは、「剥離」という言葉通り、何らかの原因で骨が欠けて、本来あるべき箇所から剥がれた状態のことを示します。 通常の骨折のような激しい痛みに比べると痛みも少ないため、すぐには病院に行かず「いつまでたっても痛みが引かない」といった症状で、ある程度時間が経過して受診し、剥離骨折だと判明するケースも多々あります。 ただ、あまり冷やしすぎると凍傷になりますので、気を付けましょう。, 治療法により、リハビリに必要な期間が変わってきます。 しかし、なかなか痛みや腫れが引かないため、病院でレントゲンをとったら『骨折』をしていたというケースもちらほらあると聞きました。 つまり、けがの度合いによって歩けそうであっても歩かないほうがいいとされています。 もともと「ケガ」というのは、身体が耐えきれる以上の力がかかると生じます。 剥離骨折の症状、原因、診断・治療方法についてご紹介します。整形外科、外科に関連する剥離骨折の治療なら病院・クリニック検索のホスピタにお任せ下さい。剥離骨折の診察ができるおすすめの病院をご紹介できるのは「いまから」機能搭載のホスピタ【hospita】! 足関節の捻挫は子どもさんから大人の方まで良く見られる疾患ですが、実は、捻挫だと思っていて、レントゲンを撮ってみると骨折であるというケースがよくあります。その骨折は、外くるぶしのところの骨である腓骨の遠位部(端の方)で起こります。 スポンサーリンク. 万が一、炎症があると、関節の動きが悪くなったり、痛みを感じたりするので、アイシングなどの処置をして炎症を抑えます。 つまり、保存療法では、最短で3ヶ月、長くても半年で完治するということになります。, 出来る限り早く可動域訓練機関に移れるよう手術を計画する段階から考えられています。 足首の剥離骨折は、転んだり、足を強くひねったりした場合に起こります。 靭帯などの付着部との剥離が軽い場合は、重い捻挫と似た症状です。 この場合、ギプス固定の治療を始めてから約3週間から6週間で骨がくっついてきます。 ・足の小指が骨折した症状!全治何ヶ月で治療できる? ・骨折を早く治す方法は?食べ物や治療方法を紹介! ・疲労骨折の症状とは?治療方法や予防方法も紹介! ・手首の骨折は手術が必要?治療方法や原 … 完治までは、2~3ヶ月ほどといえますが、骨折をした場所やケガの度合いによって異なります。, 骨折の中でもよくある「くるぶし」の骨折は、時々「捻挫」と間違いやすいようです。 剥離骨折と診断された日:関節を固定. 骨折治療をまとめた記録です。左足首腓骨骨折と一言で言っても、症状や医師の治療方針によって治療内容や支払い費用が変わると思いますので、あくまで当方の場合は・・・… こんにちは、ペコちゃんです。 先日息子が剥離骨折をしたことをお話したのですが、今日はその後のことを諸々お伝えします! ギプスがはずれて. 丁寧な超音波検査で、剥離骨折(小さな骨折)が見つかりました。 しかし「もう2ヶ月たっているから、今さら何もできることはない」と。 受傷後すぐ固定すれば、もしかしたら剥離骨折した部分がくっついたかもしれない、とのこと。 (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d, 2017/8/15 剥離骨折のその後とリハビリ 2017年5月28日. 実は、このような足関節骨折というのは、よくある骨折の一つのようで、いわゆる『くるぶし』を骨折してしまったことになります。 そして、早く元の生活に戻りたいという気持ちが先走り、リハビリが十分でないまま普段の生活に戻ってしまうと関節が変形し、激痛が生じるという『変形関節症』を引き起こすこともあるようです。 そして、身体のどこかが耐え切れず破綻してしまうのですが、もしそれが靭帯であれば「捻挫」になりますし、骨であれば「骨折」となるということです。 (function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. 子供を持つパパ・ママの足首の骨折に関するお悩み相談についての質問一覧(人気の質問順)ページです。親子の悩みを解決するなら「子育て相談 byいこーよ」にお任せ下さい。子育て中の様々な悩みや疑問、質問が満載です。 こんにちは、かじです。 今回は前回に続いて足首骨折についてお話しします。今回焦点を当てるのは骨折後の治療について。骨折してからの応急処置や診断はきちんとしたがその後はどうしたらよいのか分かりませんよね。 約一ヶ月ギプス(シーネ) をつけていました。 その間もちろん体育の授業は見学しました。 また、完治までの期間は、治療法によって異なり、保存療法の場合は3~6ケ月、手術療法の場合は、2~3ヶ月くらいになるでしょう。 ある程度骨がくっついて来たら、ギブス等を外し、長期間にわたり固定されていたがために衰えてしまった関節・筋肉を回復させることを目標にリハビリを開始します。 今回は、くるぶしを骨折してしまった場合、歩けるのか、また完治するまでの期間はどれくらいなのかを解説します。, 冒頭で、捻挫だと思っていたケガが実は、骨折だったというお話をしました。 つまり、患部に違和感があれば、早めに病院に行き、レントゲンをとってもらうことが重要なのです。, では、くるぶしを骨折してしまったときの症状はどのようなものなのでしょうか? 骨折によって骨がずれてしまった場合は、元の位置に戻るように、そして、足首を動かしても骨が再びズレないようにネジ又はボルト等で固定するための手術をします。 では、それぞれの治療法に伴うリハビリ期間と完治までの道のりをみていきましょう。, 約4週間から1ヶ月半で足首の骨折が固定されるといわれています。 …, 首は頚椎(けいつい)と呼ばれ、頭部と胴体を支える大切な役割を担っています。頚椎はその構造や位置関係から外部からのストレスにさらされる機会が少…, 頸椎矯正と称して首をポキポキいわせる施術を受けた経験はおありでしょうか?かつて民間療法士ブームでカイロ、整体などでよく流行ったことがあります…, ただ歩いているだけなのに、数日前から脛(すね)に痛みを感じるようになったとか、走っていると決まって脛が痛むという症状に悩まされている方がいま…, 童話に出てくるような小さくてかわいらしい小人のような人たち、映画や舞台などで活躍されている人も多くいます。それらの人たちは、小人症という疾患…, 関節は小さいながらも継続的な負担がかかると炎症を起こしてしまうことがあります。その代表的な症状の1つに滑液包炎があります。 "),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 足首骨折してしまったときに、 まず気になるのは、 どのくらい治るまでかかるのか? それも、まずは「歩けるまでどのくらいかかるのか?」 つまり、治療期間、全治までの期間 ということですよね。 ただ … 骨折は、予告もなく訪れてしまうものです。予期された骨折は、なかなかありませんよね。 しかし、突然骨折してしまったら、骨折後にどのようなルートを辿って治療が終了し、そして治すまでの費用はいくらぐらいかかるのかは知っておきたいものです。 足首は3つの骨から構成されているため、骨折の種類も多いといいます。 従って、ギブス等での固定は2週間から1ヶ月ほどの短期間で済み、リハビリの期間も保存療法より早く終わります。 『くるぶし』といえば、全体重を支える重要な部位と言っても過言ではありませんよね。 浮き指は立…. 患部が固定されてしまうと関節を曲げることはもちろん、体重をかけて歩くことが出来ないため、松葉杖が必要になるのですが、ここで無理して歩いたり、動いてしまうと治りが悪くなります。確かに普段の生活に比べ、できないことも増えて動けないストレスを感じることもあるでしょうが、とにかくこの期間は、少しでも回復を早めるために関節を曲げたり、歩いたりすることはせずに我慢しましょう。 X線検査によって、剥離骨折した骨片を 確認できない場合は、 CT検査をすれば診断が可能です。 剥離骨折の全治までの期間. 足首は3つの骨から構成されているため、骨折の種類も多いといいます。 ちなみに医学的には、足首の骨折だけでも数十種類にも分けられるそうですが、今回は、スポーツ選手などで最も多い2つの足首骨折について解説しますね。 外果骨折 内果骨折. まずレントゲンで、 剥離骨折という診断を言われますね。 これは「裂離骨折」だったり、 「骨が剥がれています」だったり、 医師によって言い方は異なるかもしれません。 そこで、全治に向け、 基本はこの剥離骨折を ただ、医師がケガの症状をみて、それが「捻挫」なのか「骨折」なのか判断をするのは難しいそうです。 骨・関節・筋肉の不調, スポーツをしている人でなくても、ちょっとした段差でつまずいたり、思わぬ転倒などが原因で、足首や足関節を骨折してしまうことがあります。, 特に、くるぶし部分は、脚で最も骨折しやすい場所でもあり、骨折場所によっては、治療に長期間かかる場合もあります。, また、足首の関節は、強靭な靭帯で「脛(すね)」と「踵(かかと)」に結ばれており、骨折によって靭帯にも損傷が及ぶと、あとで痛みが残るなどの症状が出てくる可能性もあるので、治療の際には十分に注意しなければなりません。, 私たちが日常生活で、当たり前のようにしている「歩く」という動作に支障が出るのは、想像以上に辛いものです。そこで、足首の骨折に関する症状や治療について、ご紹介いたします!, 足首の骨折はどのくらいの期間で歩けるまでに回復するのか、競技復帰までにかかる時間や早く治療を済ませるために有効な治療促進方法について紹介していきます。, 足首の関節は、腓骨(ひこつ)・脛骨(けいこつ)という脛(すね)を形成している2つの骨と、踵の上方にある距骨(きょこつ)という3つの骨で構成されるとても複雑な関節です。ですので、骨折の種類も非常に多くなってきます。, ここでは、足首を捻ったり、強い衝撃を受けるなど、日常生活の中でも骨折する場合の多い、足首の「くるぶし」(=足関節果部)の骨折について、見ていきましょう。, 「外果骨折」とは、外くるぶしの骨折のことを言います。足のすねの部分は2本の骨で構成されています。すねから足首に繋がっている太い脛骨と膝からくるぶしに繋がっている腓骨です。, 外くるぶしは、「腓骨(ひこつ)」という非常に細い骨でできており、足首がグラグラと外れないよう、安定させる重要な役割を担っているのです。, 足首を内側に強く捻ると、外くるぶしは距骨に引かれて剥離骨折となりますし、事故などの大きな衝撃が加わると、骨が斜めに折れ、変形にもつながる斜骨折となります。, 「内果骨折」とは、内くるぶしの骨折のことを言います。内くるぶしは、「脛骨」という体重の大半を支える骨でできており、外くるぶし同様、足首を安定させる役割を持っています。, 足首が外側に曲がった状態で捻ったり、大きな負荷がかかると、内くるぶしが引っ張られ、剥離骨折を起こします。また、外果・内果どちらか一方だけではなく、両方骨折する場合もあり、それを「両果骨折」と呼びます。, 「三果骨折」とは、外果・内果骨折と同時に、脛骨の前縁・後縁のいずれかも折れてしまった骨折のことを言います。, つま先が上を向いた状態(背屈)で負荷がかかり、脛骨前縁が骨折すると、『距骨の前方不全脱臼』も起こり、逆に、つま先が下を向いた状態(底屈)で負荷がかかることによって、脛骨後縁が骨折すると『距骨の後方不全脱臼』が起こります。, ケガをしたときにかかる力の大きさや方向、足首の動きによって、「骨折になるか、捻挫になるか」が分かれます。専門家の目から見ても、どのような動き(ケガの仕方)だと骨折になるなどといった判断をするのは困難だと言われています。, 身体が耐えられない力がかかったときに、損傷したのが靭帯であれば捻挫、骨ならば骨折になるのです。では、骨折してしまった場合、どのような症状が起こるのか、見ていきましょう。, 骨折すると、折れた骨が周囲の組織を傷つけたり、強い衝撃を受けたときに、周りの筋肉組織などを損傷するため、内出血を引き起こします。, 骨折から数字間後が内出血のピークと言われ、大量の出血によって細胞が圧迫された状態になります。骨折の度合いや、受けた衝撃が大きいほど、出血量も多くなり、黒っぽい出血斑みまる場合もあります。, しかし、目に見えないところで内出血を起こす場合もあるので、注意が必要です。外からは確認できない骨内部(髄液)から出血すると、冷や汗や吐き気などの出血性ショックを引き起こします。このような症状が出た場合は、すぐに病院へ行きましょう。, 内出血については、内出血の治し方5選!正しい処置で早く治すようにしよう!を参考にしてください。, 捻挫の場合も、腫れることはありますが、徐々に腫れは引いていきます。骨折の場合は、ケガをした数時間後から、内出血や炎症によって骨折部周辺が腫れ始め、冷やしたり温めたりしても腫れは引きません。, また、くるぶし部分が突き出しているなどの骨の変形や、異常な角度に向いているなどの症状が見られる場合は、ほぼ骨折していると言えるでしょう。変形が見られる場合は、痛みも強く、患部がみるみる腫れていきます。, 骨自体には神経はありませんが、骨の表面に、神経が集中している骨膜があるので、骨折によってこの骨膜が破壊されると、軽く押すだけでも、患部に激痛が走ります。, 痛みや腫れが発生しているのに我慢して歩行などを続けていると、骨のズレが大きくなったりかけたり折れて変形した骨の尖った部分や破片などが靭帯を傷つけてしまうなどの問題が重なって発生して、症状がひどくなります。, なので大きく足を引い捻ったり捻挫などが発生してしまった場合は、無理に動かずに人を呼んで動かしてもらったほうが良いでしょう。, 人が呼べない環境であれば、安全な場所まで這うなどして、出来るだけひねった足を使わないようにして移動して、痛みが軽減するまで安静にして可能であれば冷やすなどして対処していきましょう。, 足が激しく痛む、日を重ねても痛みが軽減しないなどの問題が発生している場合、その痛みは捻挫などではなく骨折かもしれません。, 骨折しているかどうかは痛みや腫れの症状だけでは自己診断だけでは判明することは難しいでしょう。靭帯が激しく損傷している場合にも、痛みは強く発生しますのでしっかり検査をして骨折しているかどうかを判断する必要があります。, 痛みが発生している位置から角度を変えて2枚〜3枚のレントゲン写真を取っていくことになります。特に足首の足骨は骨折していても、欠けると言う表現が適切な形で折れている事になりますので、腕の骨が折れたなどにようにわかりやすく曲がったり変形している訳ではないのでレントゲンでの検査が必須でしょう。, 具体的にどのように折れているかどうかの確認のためにもレントゲン検査は必須項目になります。, 1週間〜10日以上放置してしまうと、骨は自然に癒着をはじめてしまうので、おかしな形状で骨がつながってしまって運動障害などが発生する事があります。, 骨が折れたなどの怪我の場合には整形外科に行くと良いでしょう。顔などの骨折の場合には形成外科などの科の方が適しているので、怪我をした場所によって専門の病院を選択して受信すると良いでしょう。, ただ単にとりあえずレントゲンでの検査を受けるだけであれば、設備の整っている内科などを受診しても検査だけは受けることが出来ます。, その後専門病院などを紹介してもらうなどの対応になるので費用は若干多くかかってしまいますが、なかなか遠くて専門の病院に行けない場合にはこれらの方法で検査を受けるといいでしょう。, 私たちが耳にする「全治○ヶ月」というのは、専門医による診断・治療が必要な期間のことを示しており、ケガをする前と同じくらいに快復できるまでの期間を「完治」と呼びます。, 足首の骨折の場合、ケガの度合いや、その人の生活習慣、環境などによって異なりますが、骨折が完治するまで約6ヶ月、完全に痛みがとれるまでだと、約1年かかる人もいます。, ここでは、足首を骨折したときの治療法と、リハビリ期間や注意点についてご紹介いたします。, 治療法には、大きく分けて2種類あります。それぞれの治療法について紹介していきます。, 固定させるため、関節を曲げたり、体重をかけて歩くことはできないので、松葉杖を使って生活することになります。この期間に無理をして歩いたり動こうとすると、治りも悪くなるので、「ひたすら我慢」が回復への一番の近道です。, ギブス等で固定させて治療するときは、関節を動かせないので、血行が悪くなり、むくみやすくなります。眠るときには、枕やクッションで高さを出し、心臓より高くして眠るなどのむくみ対策も必要でしょう。, また、ギブスで覆っている場所がかぶれる場合もあるので、低刺激のローションなどで、かゆみを緩和させてあげるのも良いかもしれません。かゆみやかぶれ等の症状がひどい場合は、担当医に相談してみましょう。, こういった保存療法は、時間がかかり長期間足首を固定させるので、ギブスを外してからも、関節が動かしにくくなったり、骨が弱くなってしまう場合もあります。, どのような骨折をしたのかによっても異なりますが、足首の骨折の場合、手術療法になることが多くなります。骨折によりズレてしまった骨を元の位置に戻し、足首を動かしても再び骨がズレないよう、ネジやボルトで固定する手術をします。, さらに、ある程度まで固定されてきたら、はめたネジやボルトを抜く手術が必要になりますが。しかし最近では、チタン製のボルトを使用することが多いので、このような手術が必要ないケースもあります。, また、手術療法で最も注意しなければならないのが、術後の炎症管理です。炎症があると、痛みが生じたり、関節の動きが悪くなるので、アイシングなどの処置で、炎症を抑える方法も効果的です。その場合、足首の血管は細く、冷やしすぎると凍傷になることがあるので、気をつけましょう。炎症管理に関しても、担当医の指示を仰ぐのが安心です。, 保存療法と、手術療法で、リハビリに要する期間も変わってきます。また、リハビリが十分でないのに普段の生活に戻ると、関節が変形して、激痛が生じる「変形関節症」という症状を引き起こすことがあります。そうならないためにも、根気よく、しっかりとリハビリしていかなければなりません。, 足首の骨折では、約4週間~1ヶ月半ほど固定し、ある程度まで骨がくっついてきたら、ギブスを外し、リハビリを始めます。, ここでいうリハビリとは、足首の骨を強くするためのものではなく、治療過程で、長期間固定されたために衰えてしまった関節や筋肉の機能を回復することが目的です。, 最初の1~2ヶ月は、可動域訓練期間といい、関節の可動範囲を大きくしていきます。その後、リハビリの仕上げとて、足首に体重をかけても良いように、さらに1~2ヶ月かけて、不可訓練をして少しずつ慣らしていきます。, 手術を計画する段階から、できるだけ早く可動域訓練期間に移れるよう考えられて手術を行います。よって、ギブスによる固定は、0.5~1ヶ月と短期間で済み、可動域訓練や不可訓練もギブスに比べて早く終わります。, 完治までの道のりは、約2~3ヶ月と言えるでしょう。しかし、何度も言うようですが、骨折した骨の場所や、ケガの度合いによってことなるので、一概には言えません。, 私たちの日常生活の中には、つまずいたり転んだりしやすい場所が、意外とたくさんあります。せっかく良くなってきたのに、また骨折してしまった…なんてことにならいよう、生活環境を整理整頓しておくことが大切です。, また、リハビリ中は、骨折前の健康な状態に比べて、足が動かしにくく、普段ならつまずかない場所でつまずくこともありますので、十分に気をつけましょう。, になります。おすすめの食材としては牛すじ、魚介類、乳製品、エビなどの甲殻類、柑橘系、果物などがビタミンや良質なタンパク質、カルシウムなどを豊富に含んでいるので、バランスよく摂取すると強い骨の生成に貢献してくれます。, 治療方法では紹介しませんでしたが、治療音波治療というスポーツ選手に特におすすめな治療方法があります。, これは特に足首を骨折しやすいプロのサッカー選手などがよく使用している治療方法で、超音波を使って治療することで2倍近いスピードで完治を目指せるという治療方法になります。, しかしこの治療方法は一般的には自由治療となっており、保険が適用されない治療法になります。ですので、10割負担での治療となります。, しかし、もし骨折の治療が長引いている場合にはこの治療が医師の判断で使用される事があります。この場合には保険適用での治療として超音波治療が受けられます。, 足をなるべく使用しないようにして、傷を広げないようにしましょう。まだ骨折かどうかが判明していない段階でも無理に動いてしまうと靭帯などを大きく損傷してしまい、それが原因で難治化の骨折に繋がってしまいます。, たかが捻挫と思わず、特に捻挫などのお絞りを絞る形でも力の入り方には弱くなっています。ですので、怪我をしてから痛みが完全に治るまでは可能な限り動かさないことが治療を早く済ませるためには最も重要で有効な手段になります。, また、安静時には飲酒喫煙などのビタミンなどを代謝して吸収率を低下させる行動は避けましょう。, いかがでしたでしょうか?読んでいるだけでも、痛そうで顔をしかめたくなる、足首の骨折。骨折してしまったら、安静にして回復するのを待つのが一番ですが、日頃からケガを予防する努力も大切ですね。, 健康的な食事を摂って、適度な運動やストレッチで、適度に筋肉を動かす習慣をつけるなど、予防策もいろいろありそうです。, 意外と知られていない骨盤矯正のメリット。普段から姿勢が悪い方やスタイルに自信がない方は骨盤を矯正することによって悩みが解消できる可能性がある…, 関節の節々がやたらと痛いことはないでしょうか?こういった時は関節炎を疑いましょう。関節炎と言っても、発症する原因は様々であり、病態によっては…, ある日突然、指を曲げた状態のまま伸ばすことが出来なくなった、また無理やり伸ばそうとする時に激しい痛みを伴う経験をしたことはありますか? 2017/8/16 警察 聞き込み 偽物, デイリーズトータルワン 遠近両用 最安値, 長野県 トレセン U 10, プロキオンステークス 2020 出走予定, コンビニスイーツ 低カロリー ランキング, 心が叫びたがってるんだ 実写 動画, ロシア 汚染 都市, カップラーメン カロリー 低い, " />

キハタトレーディングの拘りのログハウスと40年の実績

キハタという集団 あなたの理想のログとは 創立昭和46年からの歴史 お客様の声

キハタの想い

Thought of KIHATA TRADING
代表取締役会長
Takayuki Kihata

〜 ログハウス第一人者としてのプライド 〜

私とログハウスの出会いは40年前(当時20歳)までに遡ります。
日本にはまだなかった、ログハウスという新たな市場を開拓したく単身カナダに飛ぶことを決め、カナダでの友人の伝手で廃ゴルフ場の“木”を活用してログハウス事業を始めたのがきっかけです。カナダで木材の仕入れから加工を行い、日本にも輸出し本場ログハウスを提供することに拘りました。ログに携わって40年。ログハウスの在り方は多様化してきているが、キハタトレーディングは変わらず本物を追求し続けていきたい。

代表取締役社長
Yoshito Kihata

〜 26年目の気付きと変わらぬ想い 〜

私は生まれてから今まで26年間ログハウスに住んできました。広々とした空間や木の温もり、香り、明るさ、柔らかさが当たり前の環境で育った私は友人宅に行く度どこか太陽の光や床が冷たく、圧迫感のような違和感を覚えていました。構造上壁が少ないログではプライバシーが守れないため不便な思いもしましたが、大人になり育った環境の素晴らしさにようやく気づきました。決して便利ではないログハウスですが人生の大半を過ごす住宅は“大切な場所”です。温もりある拘りのキハタのログに是非一度触れてみませんか?

歴史を刻む家

MAGOTARO HOUSE

樹齢300年を超える
木々で造られた
「孫太郎」

築27年の孫太郎。
300年前の木々は今でも(いきており)太陽の光を柔らかく・そして温かく光を運んでくれる
孫太郎を訪れる人は300年前の”何か”を感じたく、気が付けば丸太に触れている
手に触れ、(目を瞑り)五感を研ぎ澄ましてほしい。

まるで森の中で、透き通った空気を体一杯に吸い込んでいるような香り、自然由来の温かみ
圧倒的な存在感を放つ丸太は安心感すらもたらしてくれる。

耳には都会の喧騒は一切入らない別のような世界。
孫太郎は自然とこの上なく調和のとれた場所です。
あなたを上質な(一つ上の)世界へと連れて行ってくれるはずでしょう。

Owner's Voice

お客様の声

ライフスタイルに合わせた
ログハウス設計

私の場合、キハタ社にログハウスを建ててもらい、その後は、自分の生活スタイルや年齢に合わせて、棚や階段を作ったりしています。 最初に建てたところから、自分の変化に合わせて、ログハウスも変えられることは楽しみの一つです。実際に自分で作る際は、キハタ社から技術的なアドバイスをもらいながら作るようにしています。

10年越しログハウス

ログハウスを購入する10年前に一度ログハウスを購入しようと思ったのですが、その際に何故か断られてしまいました。それから子供もでき、家を買おうと思った時に、やはりログハウスが欲しいと想い、改めてキハタ社に伺い、ようやく買わせてもらえました。ログハウスの場合、メンテナンスが重要なのですが、今はそれも楽しく行えています。

どこにいても家族の気配が分かる家

木材の種類や収納の数などのこだわりはもちろんですが、私が一番こだわったのは構造です。 視線の流れや音の伝わり方によって、たとえ個室に閉じこもりっきりでも家族がどこにいるのか どんな事をしているのか分かる家。 子供が1人だから余計に思うのかもしれませんが、変に独立した空間を作りたくなかったんです。 だからキハタ社のフリープランで一緒に考えて空間を作れるのが魅力的だったんです。

キハタは妥協なき
ログハウスを提供します

お電話でのお問い合わせは
0120-53-4169
  • Instagramはこちら
  • Facebookはこちら
  • YouTubeはこちら
Copyright © 2007-2017 KIHATA TRADING CO.,LTD. All Rights Reserved.